不動産投資のすすめ

不動産は立地が命

不動産は立地が命

不動産は立地が命 不動産投資は将来のお金に対する不安を解消する一つの手段ではあります。
ですが、安易に初めて成功するものではないという事は言うまでもありません。
成功するためには、入居者に安心して住んでもらえるような場所で、投資を始めることが鉄則です。自分で住みたくないような場所は、他人も住みたいとは思わないものです。
では、何が大事かというとやはり不動産は立地が命と言えるのではないでしょうか。もちろんターミナル駅近辺であればいうまでもありません。それ以外の駅近の物件でも人気があると言えます。
しかし駅から近ければ良いというわけではありません。駅の近辺は騒音などの問題がある場合もありますし、単身者用向けは確かに駅に近いに越したことはありませんが、ファミリータイプであれば、やや駅から離れていても需要がある場合があります。
大切なことは、臨機応変に立地を選ぶという事ではないでしょうか。自分が購入する不動産の立地を良く見極めるようにしましょう。

不動産投資の価値を落とさないようにするには

不動産投資の価値を落とさないようにするには 不労所得を得るもしくは相続税対策を目的として不動産を購入し、投資するには価値を落とさない不動産選びをする事が重要です。その不動産選びのポイントが3つあります。
まず最初は利便性で、最寄り駅から10分以内の物件は人気があり、さらに公共施設が近くにあると空室にならないため下落しにくいと言われています。
次のポイントは物件の資産価値の高さで、資産として機能するか重要になります。
金融機関はローンの返済が不可能になった時のリスクを考慮して高い物件に絞って融資しており、購入するのであれば一度相談してみると良いでしょう。管理が行き届いている事や、地価が高いエリアに物件の立地があることもチェックしましょう。
最後のポイントは自分に適した物件を選ぶ事です。区分マンションから一棟アパートまで多種多様の物件があります。
また、新築か中古どちらかによって収益性やリスク等に違いも出てきます。例えばマンションは立地が良いため資産の値が落ちにくくリスクも低いですが、一方でリターンも少なめという面もあります。


Copyright © 2018 不動産投資のすすめ all rights reserved.